FC2BBS

40269
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

餅まき - 村上久三郎

2022/09/24 (Sat) 14:09:17

家が建てられると、大工が屋根にのぼり、餅をまきます。「たちまい」と言いますが、方言か。大人も子供も「はしゃぎ」ます。
隅に撒く餅を「すみ餅」といい、かなり大きいです。これを拾うと縁起が良いとされました。これは、昭和20年代の光景です。私は2度、「すみもち」を拾いました。役場と斎藤作左衛門の小屋。
現在は、奈良県宇陀市榛原の墨坂神社で、11月4日の午後3時頃にまきますが、「たちまい」とは違います。
屋根の頂上にある「桶」は私が持っております。3本ぐらいの「かざり」(背丈は1.5m位)があり、それを、本家で見せていただき、作るつもりです。家を建てるときは、「完全に完成しないこと」が鉄則ですが、その意味は難しいよ。これが、欧米に誇れる昔の日本文化です。

核戦争は起こるか - 村上久三郎

2022/09/24 (Sat) 09:50:38

私の予測は、外れることがありうる。
核戦争は、起こらないと思う。
ただ「ロシアが負けた」ということが、歴史に残る。
米国は核戦争を、こうして防ぐと推測。

核戦争が起こりそうな場合。
米軍の奇襲攻撃で、ロシアの通信網を攻撃する。地下にあるので、なかなか、難しいが。
米軍は大陸間弾道弾の「頭脳」を狂わせる兵器を使うが、全部、撃ち落とすのは難しいかも。日本への被害はゼロではないと推測。

核兵器は、最初、ピカッと光る。この時、ガンマ線が飛ぶ。
ガンマ線は目に見えない。遠くでも、これを浴びると、後年に、ほぼ確実に、「ある病」が出る。次に、爆風が起こる。建物はこれで吹き飛ぶ。
都会が危ない。

逃げるなら、山岳地帯。
会津なら、米坂線の小国あたり。越後金丸、なおよし。

村上なら、薦川(こもがわ)あたり。
羽越本線の桑川と勝木あたりもよし。府屋、酒田は、ちょっと危ない。

静岡なら、伊豆半島の山岳地帯。
奈良なら、宇陀市あたり。額井岳(ぬかいだけ)の麓あたり。

起こらないと思うから、僕は逃げないが。

私設「造花と絹文化の美術館」 - 村上久三郎

2022/09/24 (Sat) 09:49:37

棚を作り、これらの造花を飾ります。
10月には奈良へ行くので、あまり、時間はありませんが、棚つくりは、1―2月ころ、完成する予定です。美術品の関係上(絹糸作り、絹織物など)、欧米人女性にも、造花、絹文化、などを教えます。

美術品の棚つくり - 村上久三郎

2022/09/22 (Thu) 15:00:59

美撃品を展示する棚つくりです。
大きいので、ガス給湯器の横に建てて写真をとりました。全部で10個は必要のようです。
左下に見えるのは、「オランダの風車の部品」です。
岩沢の「しんや」の屋敷で、廻す予定でしたが、コロナ問題で3年くらい、失いました。オランダ屋敷を考えましたが、無理かなぁ。

米国は「文化保全]か - 村上久三郎

2022/09/22 (Thu) 14:59:51

米国には、ポーランド人やハンガリー人が沢山いる。いずれも、政治的に、ロシアに迫害された人たちである。夜、彼らは、例えば、掃除のために、大學に来た。彼らと、よく話した。
帰国後、ウイグルの女性舞踊家と会い話した。仏壇を会社に持っている方だった。モンゴルと日本には、親近感を抱いていたが、突如として連絡がとれない。中国の話も聞いたが、いいことを言わなかった。「皿洗いしてでも、モンゴルの会には行く」と言った。
連絡が取れないのは、何か、あったのだろう。

ところで、日本では、多分、聞かないが、「米軍は民族の文化を守っている」という事である。中国には、ウイグル民族などがある。独自の文化を持っている。これらを大切にしなければ、将来は、中国がやられる。
これが私の印象である。

山神様 - 村上久三郎

2022/09/21 (Wed) 14:10:41

江戸後期、菅原惣右衛門より分家になった菅原重之助(別名:つぎや)の鹿蔵の話です。明治期の実話です。山神様は重之助の近くに、今もあります。山神様が、好きなのが「やまもち」です。もち米のごはんを、軽く握り、クルミの汁にいれて、煮る。ご飯の握りかた用語が、「半殺し」です。ある民家で、「半殺し」を聞いた旅人が、隣で聞いて、逃げたという事が本に書いてある。

斎藤平四郎 - 村上久三郎

2022/09/21 (Wed) 13:40:20

私の母の生家・斎藤平四郎の前庭。洋ナシがあった。ナシを見たことがある。

500年位前と思うが、薦川(こもがわ)に居た行者が夢を見たそうだ。
夢は「西のほうへ行くと、薬草があり、そこにコンコンと湧水(わきみず)がでている」と。「コンコン」は、母の生家斎藤平四郎のあたり。

そこに、地蔵様を作り、寺をたてた。多分、日本一大きい地蔵堂。
斎藤 本(はじめ)(私のいとこ)は、地蔵様が見ている前で、農作業をしている。96歳である。元気。村人が驚く。お地蔵様のお陰か。

寺の名前は「医泉寺」。医は薬草を意味する。泉は平四郎あたりの「湧水」のこと。

その後、寺は火災にあいました。
そこで、土地を寄付したのが斎藤作左衛門で斎藤平四郎の本家。
こうして寺は南に移り、現在の場所である。

平四郎の屋敷の北のほうの屋外に井戸があり、私が幼少のころ、ここで遊んだ。今はない。この井戸が「コンコン」と推測。

戊辰戦争 - 村上久三郎

2022/09/21 (Wed) 13:37:34

戊辰戦争で、村上藩士の妻と娘が、門前の「耕雲寺」に避難。村上城下町の北の「門前川」にある山辺里橋(さべりはし)を右に行く。ややしばらく行くと門前。二人が見たものは、官軍の衣装をしたもの。
官軍とは言っても、天皇の本当の「心」にあらず。天皇家は「負けかた」を見ていたのだろう。雅子皇后の、ご先祖は負けたほうの村上藩士。

漆塗りの会席膳 - 村上久三郎

2022/09/21 (Wed) 09:23:23

これは、漆塗りの会席膳です。会津塗です。
戦後まで、会津の方が村上に来て、会席膳の注文を取りました。翌年、膳をもってきます。
これは、私の自宅の「造花と絹文化などの美術館」に展示します。
現在は、このお膳が非常に高価で、手に入りません。

漆塗りのお膳には、輪島塗もあります。今でも、輪島塗を作っています。
輪島の、近くの西のほうに、ある町がありました。戦後、ここでは、プラスチックのお膳を作り、漆のような塗料を塗り、販売しました。
その結果、この町は、さびれ、昔の文化も町も消滅しました。

 要するに、「昔の文化」を維持したところが元気なわけで、無視するところは滅ぶのです。村上市も危ないです。ポンなのでしょう。

米国人は、昔の文化を非常によく見ております。
日本では「昔の文化」が消滅しつつあり、米国人は、これをみて「日本は消滅する」と言っているのです。

私の予測 - 村上久三郎

2022/09/20 (Tue) 14:03:23

ウクライナ戦争では、米国の目的は「ロシアが再び立ち上がれないようにすること」と思います。核戦争の話が、時々、出てきますが、プーチンは、多分、出来ないと思います。この場合、米国は、大陸間弾道弾の「頭脳」を狂わせる「ある兵器」を使用すると思います。日本は、大丈夫と思います。最初にロシアが核を使用したら、その後、間をおいて、米軍は一気にロシアを攻め、ロシアは灰になります。そこまで、やるか疑問です。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.